校則

今日は天気予報通り、寒の戻りで少し寒くなりました。

来週にはまた温かくなるようですが、
週末はまだ少し寒さが残るようです。

 

昨日は、高校の制服・体操服の購入日だったのですが、
支払いをして受け取った後すぐに帰れるという訳ではなく、
娘は別室で一度制服を試着し、
スカート丈などチェックを受けたそうです。

ちなみに男子の方も試着をしていましたが、
男子の場合はどこをチェックされるのか謎です(-_-;)

公立高校と言っても、校則が厳しい学校、
それほど厳しくない学校と色々ですが、
特に日本の学校の校則というのは細かいですよね。

特に女子はスカート丈(長すぎても短すぎてもNG)、
前髪の長さ(長すぎはNG)、色(脱色、カラーリングNG)
長い髪の毛は結ぶ、化粧NG、
というのが多いように思います。

娘も、中学の頃からしょっちゅう
「前髪がちょっと眉毛にかかったからといって
勉強が出来なくて成績が落ちる訳でもないのに、
何でそこまで厳しくする必要があるっちゃろか!?(#`Д´)」

と文句を言っており、私も同意する部分はあるのですが、
例え明確な答えや合理的理由がなくても

「決められている事には従う」

ということが学生には必要なんだと思います。

校則に納得出来ないからと反抗しても、
教師の評価が下がり、内申点に響くのがオチだったりします。

社会に出ると、理不尽なことが溢れていますよね。

残念ながら理不尽だからといって従おうとしない人は、
排除されてしまうのが、今の世の中だったりします。

だから、理不尽なことに真っ向から立ち向かっていった
「半沢直樹」というドラマが受けたのかもしれません。

半沢直樹のような人がいて、それが実際にまかり通る社会
というのには憧れますけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す