こんな時に食べておく物

ジメジメした梅雨の時期です。と 言いつつ福岡市 今日なんか えらい晴れておりますが・・・

 

こんな季節、食欲が落ちたり、むくんだり、なんだか体調が悪い……なんてことありませんか?

今日はこんな時に食べておきたい物について書いてみます。

 

発散作用のあるもの
湿気を多く含んでいる外気や悪いエネルギーをカラダの表面で留め、体内に入れないことが大切です。そのためには汗をかきませう

しそ(よく食べる)、しょうが(よく食べる)、ねぎ(よく食べる)、香菜(知らん?)、シナモン(家ではでない)、トウチ(知らん?)など

芳香性のあるもの
芳香性のあるものは気のめぐりを良くし、湿気を取り除く働きがあります。胃腸の機能を促進させ、食欲を増す作用も。

山椒(うなぎの時だけ)、陳皮(知らん?)、しそ(よく食べる)、フェンネル(知らん?)、香菜(知らん?)、ジャスミン(茶でたまに)など

脾の機能を高めるもの
水分代謝をよくするためにも、消化吸収力を高め、胃腸の機能を整える食材。

とうもろこし(食べたい)、はと麦(茶で)、あずき(嫁が好き)、そら豆(あまり)、かぼちゃ(よく食べる)、さつまいも(食べたい)、スズキ(たまに)、鯉(コイ科の観賞魚を飼っています)など

利尿作用のあるもの
利尿作用のあるものを上手に組み合わせると、むくみの解消にも役立ちます。ただし、カラダを冷やす作用があるものが多いので、カラダを温める温性食材を加えたり、冷えやすい人は控えめに。

冬瓜(あまり)、あずき(嫁が好き)、黒豆(嫁が好き)、金針菜(知らん?)、さくらんぼ(プリンの上)、あさり(たまに)、はまぐり(あまり)、昆布(ダシで)など

梅雨時のNG! 冷たいものは胃腸を弱らせる

冷たいものや生ものは脾に負担がかかり、余計に湿を生む原因にもなるので、多食は厳禁です。また、多少の甘味は脾の機能を養うのですが、酸味や辛味でアクセントをつけたりして、分量を調節するとなおベター。

引用:http://allabout.co.jp

 

こうやってチェックしてみると、なんやら かんやらで結構食べてるみたい

皆様も上記を参考に今晩のメニューに取り入れてみては?

更新が遅くなりましたね。スミマセン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す