時には正面から向き合わない。

ここ数日、天気が悪く肌寒い日が続いていましたが、
今日はまた暑さが戻ってきたという感じです。

気温の急激な変化は、自律神経を乱す原因となり、
それによって体調を崩してしまう可能性があります。

日頃から十分な睡眠と休養、バランスのよい食事を心がけ、
もし体調や気分がすぐれないと感じた時は、
あまり無理をせずに、休養を取る事も必要です。

***************************************

最近、2才の娘が朝の着替えを嫌がるようになり、
悪戦苦闘しております(汗)

いつもはどんなに嫌がっても無理やりパジャマを脱がせ、
服を着せているため、大暴れして泣き叫ぶのですが、
今日はやり方を変えてみました。

お気に入りの洋服をずらっと並べ

「よーし!今日はどれを着て行こうかー!?(^o^)」

と楽しい雰囲気で聞いてみたところ

「これー!」

と言って指差したのは、着ているパジャマ・・・

いやいや、それじゃなくてね…(-_-;)

でもそこで無理やり着替えさせたら
結局いつものように泣き叫ぶことになるし…

保育園の先生も、着替えさせるのが大変だったら、
そのまま園に連れてきて良いですよ~
といつも言ってくれているので、
もうそれで良し!とすることにしました。

いつもであれば

「着替えないというワガママを許して良いのか?」

「ちゃんと娘と正面から向き合って、
朝はきちんとパジャマを着替える必要がある。
と言うことを教えて、導いてやるのが親の務めでは?」

「嫌がるからといって、それを受け入れるのが
果たして子供のためになるのか?」

「着替えさせていない=躾けが出来てない
ということにならないのか?」

そんな事が色々と気になって、
泣き喚いていても着替えさせていました。

それが、「着替えてなくても特に問題ない」
と思っただけで、気持ちが軽くなった気がします。

ストレスを溜めながら子供に接するくらいなら、
時には「まあそこは良いか。」と流す事も必要かな
と思うことにしました。

子育てに限らず言えることだと思うのですが、
何かと日頃から肩に力が入ってしまっている時は、
常に物事に正面から向き合いすぎていないか、
一呼吸置いてみると、良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す