漢字

利用者の方とビジネスマナー講習を行っていると、
時に読めない漢字が出てきます。

例を挙げると

翳り(かげ・り)
侃々諤々(かんかんがくがく)
惨憺たる(さんたん・たる)

などなど・・・

常日頃から使う漢字、そうでない漢字で
読めたり読めなかったり、書けたり書けなかったり様々です。

ちなみに、「大漢和辞典」に収録されている漢字は約5万あるそうで、
常用漢字は約2千。

漢字検定1級レベルだと、
「常用漢字を含めて、約6000字の漢字の音・訓を理解し、
文章の中で適切に使える。」

ということで「漢字検定1級」の「平成25年第一回」問題を見たところ
何と、一問も分かりませんでした!ヘ(゚∀゚ヘ)

翰墨・・・かんぼく
轅・・・ながえ
浹・・・・あまねし

これらなんて、正直どこかで見たような気すらしません。

日本語って、難しいですねー^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す