梨が食べたい!

今日はあまり天気はよくありませんね。
ムシムシします。

 

あー梨食べたい!
冷やして丸ごとかじりたい。
あのしゃりしゃりした食感がたまらない!

 

今日は、私の愛してやまない ” 梨 ” について

まずあのシャリシャリした食感、あれはペントザンやリグニンという成分からできた石細胞によるもの、果肉のシャリシャリとした歯ざわりは、石細胞によるもので、腸を刺激して、便秘に効果があるそうだ。
また、梨に多く含まれるカリウムは、むくみを解消したり、摂りすぎた塩分を排泄したり、夏バテにも効果があります。
それから、アミノ酸の一種のアスパラギン酸も含まれています。
アスパラギン酸は、エネルギーの代謝に関わる成分で、疲労回復にはもってこい。また、有害なアンモニアを体外に排出する効果もありますので、利尿効果も高いのです。

しゅうろう
まだまだあります。梨に含まれているソルビトールは、バラ科の果樹のみに含まれている特殊な糖アルコールの一種です。便をやわらかくしてくれる成分ですので便秘予防に効果があります。
ただし摂りすぎると下痢を引き起こしてしまう可能性がありますので、少し注意が必要です。
実はこのソルビトールは咳を止めたり、熱を下げたり、のどの消炎にも効果があります。他にも血糖値を急速に上げないという特徴があります。

 

こんな、魅力いっぱいの ” 梨 ” お盆でみんな集まった団欒の席でいかがでせう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す