冷たいコーヒーが飲みたい!

ほぼ毎日のように飲むコーヒーなのですが暑い日が続くとどうしても冷たいコーヒー(冷コー)を飲みたくなるものです。

では、どうやったら、美味しくアイスコーヒーを淹れることができるのか?
答えは急速冷却、「急冷」です。

しゅうろう

人は、冷たい飲み物や食べ物を口にした際、味覚が鈍る傾向があります。温度帯によって、味覚が感じづらくなってしまうのですね。

コーヒーもアイスにした際、酸味やコクの感じ方に変化があり、何よりもともとアイスコーヒーは、香りが立ちづらいため、薄っぺらい味わいになりがちなのですがアイスコーヒーで香り高く、深みのある味わいにするには、普段の要領で、お湯から淹れたコーヒーを氷で受け、「急冷」すること。それによって引き立った香りをがっちりキープし、フレッシュで豊かな味わいをお家でも楽しめるげな。

誰か試してみてみてみて↓

冷たいコーヒー

新感覚!フルーツを使ったアイスコーヒーのアレンジ

まさかと思うような組み合わせですが、豆の選択を間違わなければ、驚きのおいしさを体験できます。
すっきりとした、軽やかなコーヒー豆を選ぶのがポイントです。さらにシトラスを感じさせる風味であれば、なおよし!

手前は、白桃。やさしい甘味でありながら糖度の高いことで驚くほどの相性の良さ。 奥は、パイナップル。フルーツは、缶詰よりもフレッシュなものを是非!

 ネタ元: http://allabout.co.jp/gm/gc/396558/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す