優先席

電車やバスには「優先席」というものがあります。

お年寄り、体の不自由な人、子供連れ、妊娠中の人

基本的にはそういった人に優先的に座って貰うための席ですね。

私も、人がいない時は優先席にも座りますが、
優先席に座るべき人が乗って来られたら席を譲ります。

ただし、時にはこちらが勝手に「お年寄り」と判断した人から
「自分はまだ席を譲られるような年じゃないのに!」
という風に思われてしまうことも少なくありません。

事実、過去に何度か「どうぞ」と席を譲っても、

「いえ、大丈夫です。」

と言って結局座らなかった人に度々遭遇しました。

そういう時は、また自分がその場に座るという事になるので、
少々きまりが悪い思いをする羽目になってしまいます。

昨日も、優先席が空いていると思い座っていると、
お年寄り…というべきなのか迷う年代の女性が乗って来られ、
優先席の近くに来られたので、私は1つの賭けにでました。

あえて無言で席を離れよう!

そこでその女性が座りたいと思えば座るだろうし、
そう思われなければ座らず立っているだろう。

それで別の人が座るのであればまあそれは仕方ない。

結果、その女性はその席に座ってくれました。

「こちらにどうぞ」という気遣いの一言がなかったからこそ、
気軽に座れたのかもしれません。

ただ、その時はまだ電車の中を移動出来るスペースがあったので、
席を立った後少し離れた場所に移動出来たから良かったですが、
満員電車の場合はそれは難しいでしょうね。

席を立ったものの結局誰も座らず、自分もその場から動けない・・・

なんていうシチュエーションに陥ってしまったら
何とも間抜けな感じですね(-_-;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す