静電気バチッ!対策

朝起きて、私ゴウダがリビングに下りてまずすることは
室内の温度&湿度チェックです。

だいたいここ最近リビングは12度前後なのですが、
温度計を10分くらい外に置いてみたら-2度でした。

冷蔵庫内は通常3~6度に設定されているそうなので、
外よりも冷蔵庫の中の温度のほうが高いという…(-_-;)

それと同時に、乾燥もかなり酷いですね。

室内の湿度は常に30%台で、エアコンを入れるとさらに下がり
今朝は25%まで下がってしまいました。

冬の理想的な湿度は40~50%で、40%を切ると
インフルエンザウイルスが活発になるらしいです。

と言う事は、25%だともうウイルスがお祭り状態でしょうね。

なので、あえて洗濯物を部屋干しして湿度を上げたり、
洗濯物がない部屋では加湿器を使うようにしています。

この訓練室内も暖房が効いている分湿度が低いので、
常に加湿器を入れています。

それでも、椅子を触るとバチッ!となることが度々で
そんな静電気にうんざりです(-_-)

以前、キーホルダーの静電気除去グッズを買った事があるのですが
ずっと手に持っている事も中々難しいというのがあって、
気付いたら行方不明でした。

ブレスレットタイプの物であればつけっぱなしも可能ですが、
その効果はそこそこだそうで、バチッという例のやつが
多少マシにはなるものの、完全になくなる訳ではないようです。

静電気は、ただ単にパチっとなるのが嫌なだけでなく、
静電気が身体に溜まっている帯電状態が続くと、
カルシウムやビタミンCが流出してしまったり、
免疫力が低下したり、肩が凝ったりと
様々な悪影響があるらしいです。

ただ、静電気除去グッズを使わなくても、
アスファルトやコンクリートの壁や地面、木、
室内であれば木材(木の扉)や壁(クロス)などに触れるだけで、
身体に溜まった電気を逃すことが出来るそうです。

※ちなみにガラスやゴムは電気を逃がさないので
触っても意味ないそうです。

あと手が乾燥していても静電気が起こりやすいようなので、
マメに湿らせてハンドクリームをしっかり塗って
乾燥を防ぐようにするのも対策のひとつなんだそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す