笑ってウイルス退治!

福岡県は、現在インフルエンザの警報が出ていて、
娘の通う保育園でも、インフルエンザ感染者が出たそうです。

どれだけ手洗いうがいを心がけていても、
小さい子供は、マスクを付けて過ごせる訳ではないので、
他の園児に感染が広がるのも時間の問題とのことでした。

私自身は、生まれてこの方インフルエンザに感染した経験がなく、
小、中、高校で学級閉鎖になるくらいに流行った時でも、
元気に学校に行っていた記憶があります。

正直、手洗いうがいをかかさずにしていたとか、
常にマスクをつけていたとかそういう事はなかったので、
単に免疫力が高かったんだろうと思っています。

免疫力アップの鍵を握っている、NK細胞
(※NK=Natural Killer/ナチュラルキラー細胞)
という名前を聞いた事がある人も多いかと思います。

このNK細胞は、がん細胞や体内に侵入するウイルスなど、
体に悪影響を及ぼす物質を退治してくれる細胞だそうです。

NK細胞の活性を高めるためには…

1. 喫煙をひかえる
2. 適度の飲酒を心がける
3. 質の良い睡眠をとる
4. ムリのない適度な運動(歩く)をする
5. 笑う
6. 充分な休養などでストレスをためない
7. 体温を下げない
8. 薬・抗生物質を乱用しない
9. バランスの良い食事を心がける
10. 健康補助食品(サプリメント)を利用する

というのが一般的なもののようです。

私個人に関して言うと、飲酒や喫煙はゼロで、
サプリメント等は特に摂取していないですが、
それ以外はほぼ当てはまっているので、
そこそこNK細胞の活性は高いのではないか
と思います。

このNK細胞の活性化に役立つ項目の5番目に
「笑う」というものがあります。

NK細胞の活性化以外にも、「笑う事」というのは
健康に良い効果をもたらす、というのは良く知られています。

※参考「”笑い”がもたらす健康効果について」

上記のサイトを見ても、血行促進効果や、記憶力アップ、
幸福感や鎮痛作用等、良いことばかりなのです。

笑うといっても、一体どうすれば笑えるのか?
と思う人もおられるかと思います。

私自身も、お笑い芸人のコントを見て笑う事が少なく、
これまでお腹を抱えて笑えた漫才などはあまりない
というくらいなのですが、今でも面白いと思える本が
「空想科学読本」シリーズです。

最初は、弟が買って持っていたものを借りて読んだのですが、
これが本当にものすごく面白いのです!!

この本のコンセプトは、
「怪獣映画やSFマンガなどの空想科学作品で描写されている事象を、
実際の現代科学で再現すればどうなるか」

というものなのですが、私のような科学に全く興味がない人間でも、
読み始めると止まらないくらい面白いです!

普段中々笑うことが少ないけど、笑いたい人には
かなりオススメの本です(^^)b

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す