水を飲む

サラリーマンがランチにかけられる金額が減っても、それとは別格扱いで削減されることがないのが「毎日の飲み物代」
平日に毎日500ミリリットルのペットボトルを1本買い、約150円が使われると仮定すると、月3000円の出費。人によっては毎日2本飲んで月6000円の出費だったりするかもしれない。これに缶コーヒでも買った日にゃ・・・

 

飲み物代を抑えたいと思ったら、1リットルで100円の紙パックのお茶を手に取るのが、一番経済的だが、紙パックでは一度開封した後の持ち歩きは困難

となると、身体にも良くて、経済的な飲み物は?

 

「水」なのだと思ふ。

 

「味のついていないお水はあまり飲めない」という人はナチュラルミネラルウォーターと書かれた天然の炭酸水なんてどうでせう。

ビールとは違うが、シュワシュワっとはじけるような喉越しが、なんとなく疲れを癒してくれるように感じる。
実際にこの炭酸は疲労感と関わる乳酸を排泄する手助けをしてくれるとも言われておるみたい。

なかには、レモンやライム味のものもあり、天然の発泡水は150円と普通のお値段ですが、コンビニのプライベートブランドで売られている「炭酸水」などは80円以下で手に入るものも。

こちらは、原材料が水と二酸化炭素でできており、よくお酒を割るのに使うようなものだ。

 

 

飲みやすさで言ったら天然炭酸水だが、「お水に毎日100円以上出せない!」なんてときには人工的な炭酸水でもいいのかも。

しゅうろう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す