まいたけvsインフルエンザ

ちょいと早い気がしますが
毎年流行する恐ろしいインフルエンザ

株式会社雪国まいたけと富山大学との共同研究グループは、マイタケの凍結乾燥後熱水抽出物に含まれる「α(アルファ)-グルカン」に、免疫機能低下状態における「インフルエンザ感染」と「タミフル耐性ウイルス感染」に対する治療効果が期待できるという研究結果を発表しました。

 

 

今回の研究では、この「マイタケα-グルカン」を、“免疫機能低下マウス”と“正常マウス”に、感染1週間前から1週間後まで、1日2回投与。
そして、“免疫低下マウス”には標準的なインフルエンザウイルス、“正常マウス”には、タミフル耐性ウイルスを感染させた。

すると、“免疫低下マウス”においては
肺および気道のウイルス増加量を有意に抑制し、免疫機能正常時と同程度のインフルエンザ治療効果を示し、“タミフル耐性ウイルス感染マウス”においては、タミフルがウイルス増殖抑制効果を示さなかったのとは対照的に、「マイタケα-グルカン」を投与したマウスは有意なウイルス増殖抑制効果を示した。

 
これら研究成果から、研究グループでは、「マイタケα-グルカン」は、既存の治療薬とは異なり、免疫機能を介する作用機序によって、ウイルス感染に対する抵抗力が弱っている状態でも、タミフル耐性ウイルス感染に対しても治療効果を示すと結論付けたとさ。

 

 

株式会社雪国まいたけ

 

 

しゅうろうくん まいたけバージョン

しゅうろう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す