お茶

「朝茶は七里帰っても飲め」

 

 

朝茶とは、朝に飲むお茶、また朝にお茶を飲む習慣のこと。朝のお茶は災難よけなので、飲むのを忘れて旅に出たら、たとえ七里の道を帰ってでも必ず飲むべきだという意味の言葉。

 

お茶は、ビタミンが豊富、利尿作用、疲労回復、解毒作用もある健康飲料です!
朝に飲むのがいいと言われるのは、お茶に含まれるカフェインが眠気を覚ましてくれるから。

 

最近はお茶っぱを購入してお茶を入れることが少なくなりました。

ペットボトルのお茶か、温かいのであればティーバッグを使っています。

ちょっと、お茶っぱでも購入してみるか・・・

 

 

もちろんの 湯呑バージョン

 

しゅうろう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す