風邪は体を温めるだけでは・・・

大気が乾燥し、急に涼しくなってくるこの季節。体調などを崩して熱を出したり、風邪などを引いたりはしていませんか?

 

私も周りも、なんか熱っぽい とか 喉が・・・などと最近、耳にします。

 

風邪はこじらせると大事になりますので初期段階で治したいですよね。

「風邪を引いたら、カラダを温めるものを食べて、早く寝る」とよくいいます。もちろん間違いではないようですが、
漢方の場合だともうひとつ忘れてはならないことがあるようです。それは「風邪」という風の邪気を取り除くために、発散作用のあるものをいれて、汗をかかせて悪い邪気を追い払うということなんです。

 

 

発散作用のある身近な食材を、いくつかご紹介しませう。

 

シナモン
クスノキ科のケイの樹皮で、漢方薬では部位の違いで肉桂や桂枝とも。発汗作用があり、冷えによる関節痛や胃の痛みにもいい。カラダを温めて、体内の余分な水分を排出する作用もある。

シソ
寒さを散らしてカラダを温めるので、ぞくぞくっと寒気のする風邪の初期症状にいい。滞った気をすっきりさせる作用があるので、嘔吐やゲップ、食欲不振などにも用いることが出来る。

ショウガ
辛温性があり、ほかの生薬といっしょに使用して発汗を高めたり、お腹を温める作用があるので、寒さによる胃の痛みにもいい。嘔吐どめにもよく用いられ、魚の毒を取ったり利尿作用もある。

ネギ
生薬名では「葱白」(そうはく)といい、カラダに溜まった悪い気を発散させ、発熱や悪寒の補助にも使用できる。カラダを温めて痛みを止める作用もある。

香菜
生薬名ではゲンスイといい全草を用いる。コリアンダーやパクチーとも。寒さを散らし、発汗作用がある。はしかなどの透発を促進させて、毒を排出させる作用もある。

 

 

ネタ元:http://allabout.co.jp/gm/gc/298794/

 

 

わたしも季節の変わり目は特に注意しています。(鼻がすぐズルズルになります)

そんな時は熱いお風呂に浸かり すごい枚数の服を着てタオルを巻いて布団に入り ダラダラ汗をかき また着替えを繰り返します。

そうすると、いつもよりスッキリ朝 目覚めます。(個人の感想です)

 

 

 

 

昨日、コンビニおでんを食べました。

わたくし餅巾着が大好きです。

 

けど たまごにしてみました。

しゅうろう

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントを残す